GORILLAクランのブログ

『Clash of Clans』の『GORILLA』というクランのブログです。内部向け(ブリカツくん向け)の指摘や考察、活動内容を記録する事が目的です。

GORILLAクランwiki

https://link.clashofclans.com/en?action=OpenClanProfile&tag=%23QQUR8RJJ

▪️概略
ゆるふわ系クラン。メンバーにとっては、面倒なルールはなく、かなり自由。役職者は奴隷。マイペースでクラン戦、クランリーグ、クランゲームを楽しみたい方にはもってこいのクラン。去るもの追わず、くるもの拒まず。
ルールは徐々に制定中。ただし、根本は絶対王政。リーダー、サブリーダーの気分ひとつで全てのルールを逸脱して政を執る。
現在はTH10以上を中心にメンバー募集中。

▪️クランのアピールポイント
メンバーは神様精神。他の神様(メンバー)に迷惑かけない限り、かなり自由。

▪️こんな人におすすめ
・クラゲ最終日にクラゲやるのを失念してる事に気づいた。
・所属クランでクランリーグに出場させてもらえない。
・サブ垢を育成したい。
・干渉されたくない。
・気を使われたくない。
・気を使いたくない。
・援軍入れるの面倒くさい。
・自由に出入りしたい。
・対戦報酬ほしい。
・ヒーロー寝てるけど、対戦したい。
・オンリークランでやれるほど時間はない。
・本拠地が新宿。
・好きな食べ物は二郎系ラーメン。
・趣味は麻雀。
・大学は吉祥寺。
・地元は埼玉県。もしくは、愛媛県
・クラクラよりモンストの方が好き。
・モンストより中田ちさとの方が好き。

▪️クラン参加条件
日本語でのコミュニケーションができる方
TH10以上の方
ヒーローLv合計50以上の方

▪️求めている人物像
・一点出ししない。
・出来れば、同格二星、格下全壊が安定している。
・出来れば、クラチャでコミュニケーションがとれる。

▪️クランルール
・援軍編
なし。ルールがないため、指定可能。奴隷のブリカツがinしている昼間の入りは早い。
クレクレ、援軍申請放置、可能。ただし、酷いとさすがに嫌われてくる。

・クラン対戦編
あり。参加の意思表示をマイプロフィールのクラン戦ボタンで行うこと。
ほかは特になし。ヒーロー呪文工事中も参戦可能。勝利は目指しているので、あまりにも勝利を無視した攻撃と攻撃残しは、嫌われる。連絡なしの攻撃残しはキック対象。

・出入り編
なし。旅人超歓迎。出入り自由。クラゲ、クランリーグのために、うまく活用して頂きたい。無言で出入りし過ぎると、不審者扱いされる。

・クランゲーム編
あり。
(リーダー・サブリーダー)
全アカ合計4000ポイント獲得すること。
未達成時は、奴隷としての意識がないと判断して、クラチャで必要以上のバッシング&降格。
(長老・メンバー)
全アカ合計500ポイント獲得すること。
未達成時は、最近in出来ていないと判断して、キック対象。再加入は可能。

▪️キック対象
・日本語でコミュニケーションが取れないのに、迷い込んだ方。
・緑マークでクラン戦に参加して、連絡なしで攻め残しした方。(終戦後24時間以内に要連絡)
・あきらかにINしていない方。(再参加は可能)
・格下相手に全壊を逃し続けて、かつ、コミュニケーション取れない方。
・リーダー、サブリーダー複数名に嫌われた方。
・クラゲ未達成。

▪️対戦頻度
基本は常時であるが、開戦するかどうかは、リーダー、サブリーダーの気分次第。

▪️対戦メンバー選抜基準
緑マークの中から、攻め残さない人を中心に、開戦者の気分で選ぶ。対戦に出たいと言えば、ほぼ確実に選ばれる。ヒーロー、呪文工事中でも参加可能。

▪️役職基準
奴隷の如く、クランに貢献できる方。役職者に自由はなし。ただし、与えられた権限はフルに使って良し。リーダーの気分次第で降格あり。

▪️その他
・社会人中心
・TH10上げたて中心
・チャットは静か
・クラクラに関係ない話歓迎
フレチャはそこそこ
フレチャ要望歓迎
・メンバーの攻撃スキルは下の上
・新しい人に優しい
・変人の耐性あり
・クラクラ大好きな人が数名いる
・出入り自由
・新メンバー歓迎
・旅人歓迎
・コミュニケーションとらなくても気にされない
・言葉遣いがきたない
・活動していないサブクランあり
・TH9レジェンドホルダーがいる
・ドルオタがいる
・月に600回マルチをこなす変態クラクラーがいる
・5つのサブアカをコンスタントに育て1人でクラン戦をこなすド変態クラクラーがいる

▪️クラン名の由来
誰にでも親しまれやすいクランにしたいという思いから動物の名前に、その中でも強い印象がある点、設立者の2人に関連性がある点から、決定したとのこと。古株は大学時代の研究室の教授のあだ名がゴリ、ゼロはルックスがゴリラ似という関連性があった。

▪️歴史
・設立
2016年5月に、リアルで友人であった古株とゼロの2人で設立。
当時は対戦の攻撃に唯一のルールがあり、1回目は同番、2回目は1回目が全壊であれば自由、1回目が非全壊であれば格下を攻めるルールが存在した。これは、得意な戦術で全壊しやすい村ばかり攻撃していては、クラクラを楽しみきれない。というゼロの強い思いから、存在していたルールと言われている。
対戦が終わると、1人1人の攻撃に対してゼロがレビューをするというのも当時の恒例であった。クラメンの上達だけを考えて寝る間を惜しんで行っていた活動との事であったが、クラメンは誰も望んでいなかった。
ゼロのクラクラに対する愛情と、自己中心的な思考がよく表れていた時期であった。
また、クランへの参加を自由としていた事、クラン名が英語であった事から、度々外国人が所属していた。帰国子女である古株中心に、クランチャットは英語が中心となっていた。これにより、英語が話せないメンバーが次第にチャットに現れなくなってしまったため、現在でも続く承認制、外国の方は参加不可という方針が打ち出された。
当時の流行語はAre you a boy or a girl?

・ブリカツ軍の襲来
月50万円パズドラに課金するほどの、無類の携帯ゲーム好きであるブリカツくんの勧誘に成功。案の定、1シーズン600回もマルチに繰り出すほど、どっぷりハマり、ごりらクランの中心的存在となる。
ラクラの楽しさを広める事に積極的で、一時期は、ブリカツくんが勧誘したメンバー(通称ブリカツ軍)がクランの半数となっていた。
ルールを定めていない中、急激にメンバーが増えたことで、既存メンバーが戸惑い、不満が見え隠れする事がしばしば。とくに、対戦において、対戦スキルが足りなかったり、勝つための行動がとれなかったりするブリカツ軍が多く参加する状況となり、対戦の勝率も落ち始めて、フォローする既存メンバーの不満が爆発した。
ルールを決めていない中、キックをする事が嫌な当時の幹部は、苦肉の策として、TH6以下向けのサブクランという建前で、GORILLA Jr.を設立し、実質的にブリカツ軍をキックした。
この頃から、メンバーごとに、クラクラの楽しみ方が確立してきた模様。対戦スキルの向上を楽しむメンバー、村を成長させることを楽しむメンバー、惰性で続けるメンバー。。
クラン運営の難しさ、ルールの大切さを改めて知ることになった。

独裁政権時代への突入
クラン設立から半年が経過し、ブリカツ軍以来、新しい人の出入りもなく、マンネリ化への突入を恐れたゼロが、紅白戦や他クランとの合同対戦とイベントを企画。紅白戦は皆が楽しむ事ができ、成功したと思われるが、他クランとの合同対戦が良くなかった。
クランとして成り立っていないGORILLAクランが、合同イベントに参加する事で他クランとの違いを目の当たりにしてしまい、崩壊のきっかけになる事を危惧した喪黒福造が、イベントには参加せず、留守番をする事となった。
この時にリーダーという役職を得た喪黒福造の独裁政権時代に突入する。
ウマの合わないブリカツ軍は、1人2人と続々と辞めていき、全てのブリカツ軍が独裁者喪黒福造により一掃された。

・Clash of Neun出場
マンネリ化、クラン崩壊に一直線で向かっていたGORILLA。既存メンバーもクラクラに飽きてきていたが、スキル向上に楽しさを感じていた数少ないメンバー(ブリカツくん、あふら、カミカゼ)が、なんとかこの流れを止めたいと思い、きっかけになればという期待を込めて、Clash of Neunへの参戦を決定した。
各メンバーへのCONへの誘い方からプランニングは始まっていた。喪黒福造に対する誘い方については、過去最高のプランを立てる事に成功し、無事メンバー集めに成功した。
参戦メンバーにフルカンストは1人もおらず、また、イベント初参加で界隈のトップレベルがどうゆうものか少しも知らなかったので、確実に参加チーム中最弱であった。結果は初戦敗退。全壊はわずか1つしかとれない顛末であったが、緊張感のある対戦を経験する事ができ、みんなでプランの相談をするという初めての経験ができた。
ラクラに飽きてきていたメンバーのクラクラ離れを止める事は出来なかったが、ブリカツくん、あふら、カミカゼのやる気は確実に向上した。

・TH9レジェンドホルダーブリカツくんの誕生
ごりらクランの建て直しに失敗したブリカツくん、あふら、カミカゼは、トップクランのクラン運営を学ぶべく、猫愛好家本家(当時ローカル100位)に入隊。
クラン運営について学ぶとともに、ローカル上位を目指す猫クランの方針に合わせるべく、3人ともトロ上げを開始。
圧倒的なマルチ検索時間で、抜け出したブリカツくんは、見事TH9レジェンドを達成。クラクラの楽しみ方の一つであるトロ上げをやり切り、次の目標を探し始めることに。
一方、GORILLAクランはクラン戦を継続するものの、過疎化が進んでいく。

絶対王政からの主権奪還
喪黒福造、古株を中心にGORILLAクランでクラン戦を続けるメンバーと、ブリカツくんカミカゼ中心に外部イベントに参加し始めるメンバーの大きく2チームに別れ、活動が続く。
当時、クランの絶対的存在であった喪黒福造もプライベートが忙しくなり、なかなかINもできず、自然消滅直前のカップルみたいな雰囲気がGORILLAクランに漂っていた。この雰囲気をいち早くキャッチしたのは、あふらであった。

あふら「喪黒、なかなかIN出来なかったら、リーダー職、サンドリに移しといてー」
喪黒福造「あ、おけー」



あふら「キタ━(゚∀゚)━!」
ブリカツくん「キタ━(゚∀゚)━!」
カミカゼ「キタ━(゚∀゚)━!」

見事、主権の奪還に成功。GORILLAクランの再出発が始まった。当時は、クランにルールを設けて、勧誘もして、盛り上げよう!と、希望に溢れた議論が交わされたが、とくに何も変わらず、グダグダする日々が続く。

・GORILLAクラン第2世代への序章
ラクラも、GORILLAクランも、パッとしない日々が続く中、スパセル必死のアップデートが始まる。夜村、クランゲーム、TH12、突破兵器、クランリーグ。。
クランゲームは、1人で稼げるポイントに上限があり、否が応でも新しいメンバーが欲しくなる仕組みとなっていた。これに順応するために、動き出したのは、ゼロであった。
外部からの新メンバーの獲得の難しさを理解していたゼロは、致し方なく、人数合わせ用のアカウント(通称、武将アカ(アカウントの名前が戦国武将のため))をGORILLAクランに集結させて、クランゲームのMAX報酬を狙おうとした。結果的に、THが育っていない武将アカは、クランゲームに参加する事さえできなかったが、この時、武将アカを招き入れるために設定したクランの設定「誰でも参加可能」が想定外の効果を産む。外部からの新メンバーの加入であった。
久しぶりの新メンバー加入に喜ぶ古参メンバーは、これに味をしめ、繰り返し「誰でも参加可能」による新メンバー獲得を試み、成功させた。連日連夜、歓喜の舞に酔いしれたGORILLAクランであったが、喜びは束の間であった。
新しいコンテンツができれば、新しい方針やルールが必要となり、新しいメンバーができれば、この方針やルールを共有する必要があった。
身内でなぁなぁでやるだけではいけない雰囲気をヒシヒシと感じると共に、新世代への突入を予感させている。

・世界大会、1on1、WPAへの参加
新メンバーの中には、度々、古参メンバーの存在を脅かす、濃ゆいメンバーがいた。やたら役職を欲しがるスイス在住のYouTuber 「SN JAPAN」さん、名門クラン コンフィアンスから遊びにきた人妻「プリン」さん。
そして、1人で5アカウントを育てて、1人クラン戦を繰り返し続けた、超絶ド変態クラクラー「はーなームーン」さん。リアル友人を引き連れGORILLAクランの乗っ取りを図る「mustang」さん。
新メンバーも含め、クランを纏めあげるため、強烈なリーダーシップを発揮する国士無双。クラン運営に奔走する、ブリカツ、あふら。
GORILLAクランの黄金時代への突入は、すぐ目の前だ。
ここで大事なものはなにか。GORILLAクランの影のフィクサー、神風が示した。イベントへの参戦や。目的は次の2つや。なんでこれを目指すかは、自分で考えれ!

①クランの誰が1番偉いか(クラクラが上手いか)序列を明確にすること。
②GORILLAクランの知名度をあげ、クラメンの出入りを活性化させること。

やったれやったれ!

2019年4月TH9 1on1参戦
2019年5月TH5世界トーナメント参戦
2019年6月TH6世界トーナメント参戦
2019年8月WPA参戦
2019年11月TH11世界トーナメント(参戦予定)

信じる事が大切

GORILLAクランで、今イチオシのプレーヤーといえば、「ぱもも」さん。

ラクラ上手だし、なんか、滲み出てくる可愛さ。

たぶん、女性。


隠してたけど、実は、こっちは名前に(ू•ω•ू❁)を補正して、読んでる。


「ぱもも(ू•ω•ू❁)」


可愛い。

もしかしたら、女子大生かもしらん。けしからん。
オフ会したい。


絵文字付きで洋風に補正するのもありかも。

「🍑 Pa momo 🍑」


キタコレ。社会人2年目のOLじゃん。たまらん。
番号交換お願いします。



そんな、ももちゃんのリーグ戦アタックをご紹介。

基本的に、既存の戦術にとらわれないスタイル。自由をモットーにしている。最近ハマっているのは、ライドラカットからのゴレペッカでゆっくり進軍させて、サージカルぎみにホグを出す感じ。


実は、ももちゃんアタックを見る時には、コツがある。

ペッカより後に解放されたユニットは基本名前を覚えていない天真爛漫な女子大生の設定にして、ライドラのことは「びりびりドラゴン」、ゴレは「いわおくん」、クイーンは「ひめ」、おでんは「じいや」、トームは「ピーン」、 ちょいホグは「ちょびっとホグ」、最後のヒールには「今日もお疲れさまでした。ゆっくりお休みください。」を、アテレコすると、雰囲気が出る。


ちなみに、サブ垢の名前は「こうた」。

ペットの犬の名前だと信じてる。

第2回 GORILLAクラン レジェンドリーグ

結果発表!

最終日に怒涛の追い込みで1位を獲得したのは、エースあふら。👏🏻

前日時点で、2位を100ぐらい離して、ほぼ勝ち確だったClovisさんが、残念2位に。


第2回の優勝賞品はウィザードフィギュア!(っ'ヮ'c)ウゥッヒョオアアァ



ビリは、ダントツで神風。雑魚キャラに改名!(っ'ヮ'c)ウゥッヒョオアアァ


今期の素晴らしい点は、なんと言っても、平均トロがグイッと上がってるところ。
第1回が 「5348」、第2回が「5498」で、かなりいい感じ。

ただ、ここからトロ上げるのが、かなり大変そう。
5500に1つの壁があって、ここからは、煮干しではなく、全壊を取れるようにしないといけない感じ。


第三回の予想はこう!

◎本命 あふら
フレチャでの練習量が違う。得意のクイヒーディガホグに磨きをかければ、初見性能も高そうだし、全壊率上げれそう。

○対抗 Mustang
→2垢運用での慣れあり。改名への恐れが半端じゃない。

▲穴 ブリカツくんTH13
→2垢運用での慣れあり。空回しが上手くなってる。

×大穴 Clovis
→GORILLAクランNo.1のプランニング力も、30秒への慣れはまだか。蝙蝠を我慢して、ドラゴン系にしたら、本命な気はするが。

注目は、連続改名を免れたいコイキングが、どこまで、頑張れるか。他のメンバーは1人残らず、ビリはコイキングで確定と思って気を抜いてるので、課金してでも、くい込んで欲しいところ。

頑張れポリさん

最近、やる気に満ち溢れてるポリさんのリプ見ていく。

決して、テキスト打つのがダルかったとか、画像の加工がダルかったとかではない。
あとで編集しやすい形式だと、推敲を繰り返して修正を重ねる事になるのがダルいから、動画形式にする事でそれを回避しているわけでもない。

つくづく、素晴らしいクランだな。自分のリプに対するコメント動画なんて、YouTuberの動画みる以上に、復習できていいんじゃないかな。

なお、ポリさん以外の方には、無駄な10分間になるので、見ない事を強くオススメする。全く面白くない。

ホーミングシールドとクエイクを積極的に使いたい。


これは相性抜群。

この共通点2点を聞いただけで、試さずとも、相性の良さはわかる。

・1手で複数の防衛施設にダメージを与えられる
・攻撃範囲が広い


防衛施設の間が広いところに撃つと、刺さるはず。

防衛施設の間が広いところには、トラップ置きやすいし、整地できる面積が広く、整地観点でのアドバンテージが大きいはずなので。


クエイク&シールドの一撃で、壊せる施設をメモっておく。外から取りづらく配置されやすい、インフェルノ、投石を狙いたいが、そうすると、ライトニングも必要になってくるのは、悩みどころ。


さらについでに、施設破壊に必要な、ロイチャン通常攻撃回数もメモっておく。シールドのタイミング遅れると、オーバーキルになるから、重要施設への攻撃回数は、遺伝子に刷り込んでおきたい。

格上、格下アタックの天災必要数

地獄のクランリーグが始まった。

格差マッチングでは、積極的に、安全な格上星2、安全な格下全壊をする事が、大事になってくる。

安全なプラン・戦術の最高峰に位置するのは、なんと言っても、天災でしょう。

ユニット1点出しの美学、イエティ外周の美学、スーサイドクイヒーの美学、、、

あらゆる美学に酔いしれてるGORILLAメンでも、初手で画面アップすれば、確実に失敗しない安全な戦術。

全壊していないのに、呪文を余らせる美学にハマってるメンバーもいるので、うってつけと見た。気づくのが遅かったまである。レイジとかヒールとか、GORILLAメンには、扱う難易度高すぎるんだよ。

格上、格下アタックの天災必要数、メモっておく。

クラン城天災して、兵器スニゴブでTHとって、外周カットして、あとなんかベビドラ、ライドラ、ディガーあたりだせば、星2取れるだろ。頼むで。俺。

■TH11
※計算間違ってるとこありそう。

TH11がTH13に負けないのは、まさに呪文枠数。天災でアドバンテージ狙うのは悪くないはず。

TH13を攻めるとして、まずはクラン城の天災を考えたい。援軍ライトニング2もらって、自前クエイク1、ライトニング5の8枠。残りの呪文枠は5。奇数か。。ちょっと微妙。
端数の選択肢は、フリーズで火力高いとこ止めるか、ワンポイントのバルーンヘイスト、TH起動のクエイクってとこかな。

クラン城が村の端に偏っていて、援軍を釣りだせたり、無視できるなら、投石機の天災を狙う感じかな。こっちは、援軍ライトニング2、自前クエイク1、ライニング3の6枠で狙える。TH13同格と同じ枠数で、悪くなさそう。投石と一緒に、周りの施設も巻き込んでいこう。

▪️TH12
※計算間違ってるとこありそう。

TH13と、ライトニングが同じレベルだから、TH13へのアタックなら、TH13同格と一緒の計算。
8枠でクラン城狙いか、6枠で投石、IT、クロス狙いがよろしい。

TH11狙いなら、だいたいもう1つ枠が減る。クラン城天災して、ディガーテキトー出しで、100%取れる。

▪️TH13
TH12へのアタックだと、同格に比べて、結構呪文枠減るとこある。クラン城、クイーン、IT、ウィズタワーあたり。クロス下向きなら、天災空系ぶっ刺さりか。



↓↓↓こんな感じで、必要な情報だけ纏めてみやすいようにしようとしたけど、需要なさそうだから、途中でやめまちた。たむきさん以外から、需要の声があがったら、作りますわ。

第一回ヤバイ名前選手権

「名前」

① ある人や事物を他の人や事物と区別して表すために付けた呼び方。名。
② 氏名。またその名字を除いた部分。

、、、否!!!!!そんな無機質なものではない!

名前には、命名者のバックボーンが深く関わる。

我々、GORILLAクランは、ただただ、アホヅラ並べてクラクラをやるつもりはない。

名前1つとっても、世界を知る糧とする。

我々は、クラクラを通して、森羅万象を解くつもりにある。



始めます。



第一回ヤバイ名前選手権!!!!!



🥉第3位 バイオ

一見、ありそうな名前であるが、由来がちょっとだけ、やばい。

俗で病気をもらって、抗生物質のおかげで完治に成功した時に、バイオテクノロジーに感銘を受け、この名前にしたとの事。

クラン内での、ニックネームは、完治ニキ。


🥈第2位 ブリカツくんTH12

誰もが1度は考えるが、5秒で自分の浅はかさに気づき、決して実行はしない、末尾にタウンホールのレベルを記述するスタイル。

そう。彼のタウンホールレベルは13なのである。

もちろん、ブリカツくんTH11、ブリカツくんTH10もいる。中身のタウンホールレベルは、12、11だ。アホだ。

名前変えて、1つずつ、数字上げれば良いじゃん。って思うでしょう?そうはいかない。

だって、既にブリカツくんTH13がいるんだもん。

今、クラクラ界隈で、タウンホールレベル14の解放を1番待っているのは、きっと彼だ。


🥇第1位 身勝手のうすかわ

あまり気づかれていないが、相当ヤバイ。

独創的な発想力、および、命名時の異常な精神状態が垣間見得る。

幼少期に、厳しく、それでいて、愛のある家庭環境で育ち、知識、性格ともに、他を圧倒する成長を遂げた事が由来しているのであろう。

10代前半には、知識が多すぎるせいか、自分が持っていない他人の知識には、とても価値があると考えていたこと、また、どんな人にも変わらず優しい性格から、出会ったすべての人を尊敬の対象とする傾向にあったと言われている。当時の憧れの人物は「ナイチンゲール

他人への尊敬があまりにも強く成長してしまい、逆に、自分を卑下するようになってしまったのが、10代後半のころである。周りからの期待と、自己評価とのギャップに、よく悩まされていた。当時、よく模写をしていた絵は「ゲルニカ」。

20を超えた頃は、社会的弱者を助けたい想いが強く、自由や平等を求めるデモ活動によく参加しており、LBGTのデモ活動で知り合った友人に勧められて始めたのが、Clash of Clanであった。

自己評価の低さはピークになっており、自分の考えや振舞いは「身勝手」であり、自分は何ものでもない、水とタンパク質を覆ったただの「うすかわ」であるとの考えから命名されたと、言われている。

一説では、周りからの期待が大きすぎて、それが嫌になり、そこから解放されたいという願望を表現しているとも、言われている。

助詞の「の」は、どのような意味で使われているのか、はたまた、ただの誤字か、様々な説があるが、未だ有力な説はない。


※ この記事はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。